私達は高級ノベルティ,オリジナル記念品、周年記念品を企画・製作するにあたり素材へのこだわり、製作方法のこだわり、名入れに対するこだわりなど妥協のないこだわりを追求しています。

金属製作の豆知識

ダイキャスト製品 製作例はこちら

材料には亜鉛、アルミがありますが一般的には亜鉛を使用した合金が使用されています。商品化するには原型、成型用金型を必要とします。製品は溶かした金属材料を金型に圧力をかけ注入、成型し、表面を研磨して塗装やメッキで仕上げをします。
特徴としては金型代は高いが成型作業に手間を取らないので単価は安く精密な製品が上がります。小物から厚みのある(塊は不可)
大きなものまで対応が可能です。

ラバーキャスト製品 製作例はこちら

材料は錫、鉛の合金。商品化するには原型、成型用ゴム型が必要です。溶かした合金をゴム型へ注入し成型する方法です。成型後、荒れた表面を丁寧に研磨またはバレル研磨しメッキや塗装で仕上げます。主にダイキャストの成型では不可能な複雑な形状で比較的予算の少ない場合に便利な方法です。
特徴としてはゴム型のため型代が安価で複雑な形状も製作可能ですが材料がもろく,重い性質があるため使用目的により商品化の判断をします。製作は約10センチ以内の小物になります。

アンチモニー製品 製作例はこちら

材料はアンチモンという鉛主体の合金です。原型、成型用内枠型が必要です。製作は溶かした材料を内枠型に入れ内枠の材料が固まってきたら残った材料を外に出します。中が空洞になるため比較的大きな成型物に適しています。メッキや塗装で仕上げます。
特徴は簡単な成型型のため型代は安価ですが材料が柔らかいため主に置物等の製品に適しています。

ロストワックス製品 製作例はこちら

材料は金、プラチナ,銀,銅,真鍮を使用します。商品化には原型からシリコンゴム型を作り,そこから蝋を作り、それを細かい砂に埋め、加熱すると蝋が溶け砂の中に空洞ができます。そこに外から溶かした材料を注入し、固まったら砂型を割って中の製品を取り出します。
こちらの製品の特長は手間がかかり単価は高くなりますが硬く丈夫なため主に貴金属アクセサリーや高級キーホルダーなどに採用されています。仕上げは成型後に表面を研磨して高級なメッキで仕上げます。

フレクション製品 製作例はこちら

材料は金属板で真鍮,銅,鉄,アルミを使用します。凸型,凹型の上下の型を使用し金属板を型に挟み,何トンもの圧力でプレスすることで金属板の表面に紋様やロゴが入ります。仕上げは主にいろいろなメッキや七宝、ラッカーなどを入れる仕上げも可能です。
特徴としては金属板が材料なので厚みがあるものは不可能ですが型代が安価で生産性に優れるため単価もリーズナブルで比較的厚みが必要でないものなら小ロットから大ロットまで使用されています。

エッヂング製品 製作例はこちら

材料は真鍮,ステンレス,アルミ,の金属板、または金属板加工済製品です。エッチングをするためには金属の表面にマスキング加工を施し酸化第二鉄溶液に浸します。時間がたつとマスキングされていない面が腐食され段差ができ区別ができるのを利用した加工方法です。この性質を利用して模様やロゴを凹にした後,研磨,色入れ,メッキなどで仕上げます。
主にはピンバッヂ、キーホルダー、各種プレート類に使用します。

金属削り出し製品 製作例はこちら

材料は真鍮,アルミの無垢材を使用します。切削物を回転台で回しいろいろな形状の切削刃で内外を削り出す方法です。特徴としては金属の無垢材を使用するため小さくても重量のある製品ができます。型代が不要のため比較的数量のすくない場合にも対応できますが1個1個の作業のため成型物と比べ単価は高くなってしまいます。

牛革加工製品 製作例はこちら

弊社の取り扱っております牛革はイタリアンレザーを含む牛革です。製作する商品の目的に応じて牛革の厚みをすいて調整し、形状により、縫製、貼加工を施します。装身具小物、ブックカバー、バインダーの文具小物、ディスプレイ、などのあらゆる形状や目的に対応しております。
縫製には一般のミシンではなく針の太い工業用ミシンをします。牛革製のオリジナル品は金属や樹脂の製作物に比べ抜型で形状を決めるため比較的ロットの少ないものでも対応が可能です。名入れは表面を型押しする「素押し」をお勧めします。印刷に比べ高級感があり消えることもありません。

アクリル、クリスタル製品 製作例はこちら

こちらは透明のアクリル樹脂とクリスタルガラスのアイテムになりますがアクリルとガラスの名入れ方法や加工方法は全然違うものになります。アクリル樹脂製アイテムの加工は希望のサイズに切断し切断面を磨くことで艶のある商品に仕上げることができます。最近はレーザー照射により曲面の複雑な形状も可能です。名入れ方法は基本的にシルク印刷となります。クリスタルガラス製品は希望のサイズに切断したりあるいは球面にも加工が可能です。弊社でのお勧めする名入れ方法は表面を砂の粒子を吹き付けて彫刻するサンドブラスト法と内部にレーザーを照射して2Dや3Dの立体名入れをすることができます。

パッケージ企画製品 製作例はこちら

あらゆるオリジナル記念品やノベルティに必要なパッケージを企画制作いたします。使用する素材には外面に紙、MDF(木板)、内面にコルク、ウレタン、サテンなどで製品に合った組み合わせをご提案いたします。もちろん、名入れも素材別に箔押し、シルク印刷、レーザー印字などが対応可能です。

上代昇順 上代降順

商品検索

お気に入りの商品をリストアップできます